患者様からいただいたありがとうの声

お電話でのお問い合わせはお気軽に 011-886-4103

TOP > トピックス > 赤ちゃんの蘇生法勉強会を行いました

トピックス

トピックス

平成27年3月11日(水) 当院で新生児蘇生法の勉強会があり、院長・敦賀先生・ 助産師8人が参加しました。先月「新生児蘇生法専門コース」の資格を取得した3人の助産師から講習会の内容の報告がありました。その後、当院での蘇生をシュミレーションしながらスタッフから活発な意見交換があり、とても充実した勉強会でした。

「新生児蘇生法専門コース」とは、正常新生児の他にハイリスク新生児を取り扱う周産期医療機関の医師・看護師・助産師などが、気管内挿管や薬物投与を含む高度な新生児蘇生を習得する事を目的としている認定資格です。

新生児の約90%は蘇生の必要もなく自力で肺呼吸を行うことが出来ます。しかし約10%の新生児は子宮外の環境に適応するため吸引や刺激などのサポートを必要とします。その中の約1%の新生児は人工呼吸や心臓マッサージなどの積極的な蘇生を必要としています。

赤ちゃんは生まれてくるまで「ハイリスク」であるかは予知不可能であり、まったく順調な妊娠を経過した場合でも重篤な仮死が発生する可能性があります。少しでも仮死による障害児や死亡児の発生を少なくするために、医療従事者が新生児の蘇生法を習得しておく必要があります。

当院では助産師全員が「新生児蘇生法専門コース」の資格を取得しています。生まれてくる赤ちゃんが、スムーズに体外環境に適応出来るよう、これからも最善を尽くしていきたいと思っています。

安心で安全なお産を目指してスタッフ一同、日々研鑽しています。

文 助産師 佐藤