患者様からいただいたありがとうの声

お電話でのお問い合わせはお気軽に 011-886-4103

TOP > 外来のご案内 > 婦人科

婦人科

婦人科

主な診療内容

主な診療内容

子宮がん検診
 子宮がん検診は頸部と体部の2ヶ所あります。体部は不正出血のある場合、又は閉経後に行う検査です。
重要なのは頸部です。頸部細胞を調べることにより、前がん状態から診断できます。最低2年に1回は受けるとよいでしょう。

月経についてのご相談
 月経が来ない、月経が止まらない、不正出血が続くなどに対し、超音波検査、血液検査等を行い、必要に応じてホルモン治療等を行います。
旅行で月経を移動させたい場合、月経を遅らせる、早める等、いろいろな方法がありますので、早めにご来院下さい。自費料金となりますが、当院で約3,000円、薬局では2,000円、全部で約5,000円かかります。

避妊相談
 当院で行っている避妊方法は低用量ピル子宮内避妊具(いわゆるリング)、避妊手術(卵管結紮(けっさつ))の3つです。
若い方、お産経験のない方は低用量ピルをお勧めします。また低用量ピルには、避妊の他に月経量の軽減、月経痛の緩和、にきびの改善等、いろいろと副効用もあります。 1カ月の料金は2,500円です。
子宮内避妊具は、お産経験のある方が対象です。1回入れますと最低5年間は有効です。料金は50,000円です。
避妊手術は女性の場合、入院が必要です。当院で行う避妊手術は、ほとんどの場合、 分娩翌日に行っております。分娩後の入院期間と重なりますので、手術料金(約100,000円)の追加のみで済みます。へその下を小さく切開しますので、傷跡はほとんど残りません。

性感染症治療
 クラミジア、淋菌、尖圭コンジローム、性器ヘルペス等いろいろありますが、最も多いのはクラミジア頚管炎です。統計によりますと、札幌市の患者数は全国平均の約4倍だそうです。経口薬剤で治ります。パートナーの治療も必要です。
症状が最も激しいのは、性器ヘルペスです。痛みの他に排尿困難、発熱等も出現します。経口剤、軟膏で対応します。

婦人科手術
 子宮筋腫、子宮内膜症、子宮脱、卵巣嚢腫等の手術を行っております。合併症のある場合、癒着等が予想される等のハイリスク症例は、総合病院を紹介しております。
悪性腫瘍の場合、診断までは行いますが、すべて総合病院へ紹介しております。

人工妊娠中絶
 当院では母体保護法にのっとり、人工妊娠中絶を行っております。
妊娠3カ月までは、より安全な吸引法で行っております。妊娠4カ月(12週)以降は入院の上、薬剤による陣痛誘発を行います。4日間の入院が必要です。
妊娠2カ月(7週6日)までの料金は、手術代68,000円ですが、検査料金・術後の診察代を加えますと、全部で約80,000円かかります。
妊娠3カ月前期(8週→9週6日)の手術代は78,000円です。
妊娠3カ月後期(10週→11周6日)は術前の子宮口開大を要するため、1泊2日の入院が必要です。

上記以外の症状もご相談ください。当院で診断・治療が難しい場合は、ご希望に合わせて診療可能な医療機関をご紹介いたします。

早期発見、早期治療が重要です

早期発見、早期治療が重要です

 女性にとって婦人科の診療を受けるということは、とてもデリケートな事です。診療を受けるのが恥ずかしい、という患者様もいらっしゃいます。しかし、その繊細なお気持ちと同じく、身体もとても繊細にできています。早期発見ができれば、治療もよりスムーズに、短期間で終わるケースも多数あります。

 当院では、患者様のお気持ちを大切にし、円滑な治療を心掛けておりますので、どうぞ安心してご相談ください。